容疑者Xの献身 映画寸評

誰も幸せになれない真実を前に

娘と二人で暮らす花岡靖子は離婚後もしつこく付きまとう元夫、富樫慎二を自宅のアパートで殺してしまう。
人が争う音を聞きつけ訪ねてきたのはアパートの隣に住む石神だった。大学時代、周囲に天才と認められるほどの数学者だった石神は花岡は母娘を守るため、二人のアリバイを作り犯行を偽装する。
事件を担当する草薙刑事は友人で天才物理学者、湯川学に事件と捜査の経緯を話し捜査への協力を要請。当初、事件に興味を示さなかった湯川だが、被疑者の隣人が石神であることを知り石神が住むアパートを訪ねるのだった。
2008年。日本。主演、福山雅治。監督、西谷弘。

リンク先は容疑者Xの検診のWiKiページです。

論理的思考とは何か?

書評コミュニティサイト「本が好き!」でNさん(仮名)の書評を読んで借りてみたのですが、期待を裏切らない内容で楽しかったです。
配役もクセがあって、イケメンすぎる学者、色気のありすぎる刑事、ホステスらしくない元ホステス、とビジュアル的にも意表をつかれました。堤真一さん演じる節目がちでシャイな石神もよかったです。内海役の柴崎コウさんも湯川のツレ役としていい存在感でした。

- スポンサードリンク -

愛はミステリー

演出が明確で分かりやすいのも好印象ですね。二度目に見るとき、いろいろ気づくかと思います。ミスリードもふんだんにあります。
この映画は、ミステリーによくある犯人を追い詰める過程を楽しむ物語ではありません。この物語の軸は、石神の気持ちに靖子がいつ気づくのか、です。幾何(ミステリー)の問題に見えて実は関数(純愛)の問題。そういった意味では探偵ものとしては特殊な部類かもしれません。

娘の美里は母を想う石神の気持ちに気づいていて好意的に解釈している節があります。美里自身、石神に理想の父親像を重ねているのかもしれません。まあ、ダンカンと堤だったら少女の十人に九人は迷わず堤を選びます。それが年頃の娘ってものです。

アパートの隣人に遠くから声をかける女子中学生......あこがれるなぁ。ひとつ文句をつけるとすれば、冬山登山のくだりでしょうか。突然すぎるし、素人の湯川を誘って二人きりで冬のアルプス(?)に登るなど、論理的思考をモットーとする二人のキャラクターからは考えられない行動です。

愛とは生きる希望のこと

靖子が石神の気持ちに応えたのか、それとも応えなかったのか。その結末はあなた自身の目でご確認ください。

- スポンサードリンク -