悪魔の手毬唄 映画寸評

物忘れの激しい女将の設定だけは疑問が残る

横溝正史原作、市川崑監督、石坂浩二主演の悪魔の子守歌を見ました。

鬼首村の湯治場「亀の湯」で旧知の磯川警部と待ち合わせた金田一耕助は、遅れてやって来た磯川から時効が成立している殺人事件を調査してほしいと頼まれる。約二十年前、亀の湯の女将、青池リカの夫である青池源治郎が村で詐欺を働いていた恩田幾三に殺害された事件。

折しも村は村出身の人気歌手、大空ゆかりの帰郷の話で持ちきりだったが、話によると大空ゆかりは今もって行方が知れない幾三の実の娘たという。ゆかりの歓迎会が開かれた夜、第一の殺人が起きる。
1977年。日本。主演、石坂浩二。監督、市川崑。

リンク先は悪魔の手毬唄のWiKiページです。

物語は常に重要なシーンから始まる

悪魔の子守歌は純粋な推理ものとしては微妙でした。
なぜなら、犯行に至る動機を持ち得そうな登場人物が一人しかいない上、犯人と思われていた人が殺される等の描写がないためです。劇中でのヒント(風呂通い、仲良し四人組、神戸から来た男など)をひろっていけば誰でも犯人の目星がついてしまう。

- スポンサードリンク -

推理モノの皮をかぶったライトノベル後日談

推理ものとしてはフェアーな構成といえます。特に、立花警部の「金田一君は男と女の見分けもつかないのか」という劇中でのセリフは、推理ものとしては失敗でしょう。
一つ気になったのが、犯人が犯行に至った理由です。なぜ、今なのか。動機が今ひとつ弱い。刑事と探偵が在所する今でなくてはならない理由がない。と思って調べてみたら、原作では故郷に錦を飾ったゆかりが大きな屋敷「ゆかり御殿」を建てるくだりがあるそうです。

映画でカットされてしまったのは残念ですが、事後の身の毛もよだつ犯人の慟哭は、犯行動機の証明としては補って余りあるものがありました。

若山富三郎の名演技

しかし、純粋な推理ものとして今一でも、考え尽くされた映像美や人間の愛憎を描いたドラマとしては悪魔の手毬唄は一級の出来映えです。演じる役者さんも、いい役者さんがそろっていますしね。
特にツボだったのが、約二十年も前の事件の調査をなぜ磯川警部は金田一に頼んだのか、という劇中での謎が解けるシーン。磯川警部の想いの強さが分かる名シーンだと思います。
結局磯川警部は自分の気持ちを誰にも言わずじまいだったのですが、だがそこがいいのです。

ハーレム妊娠エンド、その後の物語

まるで、ライトノベルの主人公のごとく女性にもてまくる詐欺師、恩田。全員妊娠エンド後、行方不明になる主人公と十年後に起きる連続殺人事件。
ライトノベルや美少女ゲームの設定としては、面白いかもしれませんね。犯人も被害者も関係者も、実は全員血のつながりがあった......某家系図なら可能か。チッ。

- スポンサードリンク -