ストリート・オブ・ファイヤー 映画寸評

ロックンロールの寓話

売り出し中のロック歌手エレンが地元で凱旋ライブ中にストリートギャング・ボンバーズに拉致されてしまう。その場に居合わせた姉はエレンのかつての恋人である弟トムにテレックスを送る。
主人公トムはバーで知り合った元陸軍の女兵士・マッコイ、エレンのマネージャーのビリーとボンバーズのアジトを急襲しエレンの奪回に成功する。しかし......。
1984年。アメリカ。主演、マイケル・パレ。監督、ウォルター・ヒル。

リンク先はストリート・オブ・ファイヤーのWiKiページです。

1980年代のアメリカを代表するロック映画

この作品を初めて知ったのはTVでした。淀川長治さん(もしかしたら小森のおばちゃまかも)が土曜の昼の番組でこの映画を紹介していたのです。
それからなぜか、この「ストリート・オブ・ファイヤー」という単語が忘れられず、かといって映画をレンタルすることもなく今まで来た訳ですが、ネットで洋楽「今夜は青春」がストリート・オブ・ファイヤーのエンディング曲だと知ってレンタルショップに駆け込みました。

残念ながら一番近くのTSUTAYAになかったのでTSUTAYA宅配レンタルに(無料と聞いて)申し込みました。映画は期待以上の出来でしたが宅配レンタルは私的には微妙でした。なぜかというと、一番近いTSUTAYAが歩いて十五分以内にあるからです。
......まあ、宅配レンタルの話しは、またどこかでお話ししましょう。

- スポンサードリンク -

ロックンロール、不良、バイク、そして青春

冒頭のライブシーンからヒロインがさらわれ主人公が姉が働くダイナーに姿を見せるまでの、一気呵成の流れは導入部のお手本と言っていいでしょう。
札付きのワルだった主人公が店に現れたギャングの一味を文字通り叩き出すシーンは、主人公の強さや性格、主人公の生い立ちを体現したシーン。セリフで説明するよりインパクトがありました。陸軍あがりの元女兵士、マッコイとの出会いも印象的です。

それにしてもこの映画、どこかで見たことのある役者が大勢出ています。まず目に留まったのがエレンのマネージャー、ビリー・フィッシュ役の俳優リック・モラニス。名前でピンと来た人もいるかもしれませんが、ゴーストバスターズで会計士の役をやっていた人です。あとミクロキッズとか。
次に気づいたのはボンバーズのヘッド、レイヴェン役のウィレム・デフォー。一目見たら忘れられない個性的な笑顔。そう、プラトーンのエライアス軍曹ですよ。

この二人にマイケル・パレ、ダイアン・レインが絡むのですから、この物語が面白くない訳がない。(余談ですが、エレンのファンを自称する女性もどこかでみたことある気がするのですが思い当たりませんでした)

青春、アクション、ドラマ、恋愛

この映画の密かなポイントは、エレンのファンとエレンとの会話でしょう。
バテリーからリッチモンドに戻る道中、エレンのファンの女性がこう言います。あなたが歌う歌詞は素晴らしい。あなたの歌には心がこもっているわ、と。しかし、エレンはこう答えるのです。誰かが書いた歌詞よ。心がこもっていると言われても分からないわ。

このエレンのセリフがラストのコンサートのシーンに生きてくるとは......別れのシーンにはグッと来ました。
今夜は青春!(ところでリッチモンドとバテリーはどのくらい離れているんでしょう。行き帰りの時間経過を見ると軽く100キロは距離がありそうですが)

オープンカーがひろえる街、リッチモンド

もちろんアメリカ映画のお約束、アメリカらしいシーンもあります。警察官(保安官?)が主人公を『やっちまえ!』と煽るシーンとか、リッチモンドの市民が銃を片手に集結しギャングと対峙するシーンとか、スレッジハンマーでの決闘シーン(少林寺の三十六房の人なら「武器の使い方が逆だ」と教えたに違いありません)とか。

この映画は日本ではその年度のキネマ旬報で読者選出で一位に選ばれるほど人気でしたが、映画の本場であるアメリカでは興行的にふるわず続編の構想も実現しませんでした。
個人的に、アメリカで興行的にふるわなかった理由は「突き抜け感」に欠けていたからと思っています。青春、恋愛、アクション、音楽とすべての要素において突出したものがなく、器用貧乏的にまとまっている点がアメリカ人に受け入れられなかったのではないかと。

逆にオール4の映画だからこそ、日本人に愛されたのではないでしょうか。ラストシーンも実に日本人好みです。

愛し合った二人が選んだ道は......

冒頭からスタッフロールまで無駄と思えるシーンが一切なく、見ている者の心をつかんで飽きさせない構成と派手さはないものの効果的なアクションシーン、トムとエレンの心の葛藤が描かれたこの映画は佳作と呼ぶにふさわしい作品です。

蛇足

ストリート・オブ・ファイヤーのブルーレイディスクがないことに驚きました。ぜひ、ブルーレイ化を希望します。最後のライブシーンとか、すごく見たいです。

- スポンサードリンク -