RAILWAYS 映画寸評

いつまでも夢見るままじゃいられな......い?

中井貴一が演じる主人公(49才)が、母の病気や親友の死をきっかけにエリートサラリーマン(誰もが知ってる一流企業の取締役に内定していた)の道をすてて、幼いころの夢だった「一畑電鉄(通称バタデン)」の運転手になる決意をする。主人公の突然の決断に上を下への大騒動になることなく、家族の理解と協力を得て一畑電鉄に途中入社し念願のバタデンの運転手になった主人公は、職場の同僚や地域の人たちとの交流を深めていくのだが、そんなとき主人公が運転する電車で一つの事件が起こる。

2010年。日本。主演、中井貴一。監督、錦織良成。

リンク先はRAILWAYSのWiKiページです。

鉄ちゃん御用達映画?

とんでもない、鉄ちゃん御用達の映画だと思ったらいけません。
たくさんの、それこそ数え切れないほどの鉄道関連の構造物が画面に出てきますが、本当に大切なものは目に見えないという言葉通り、この映画のテーマは実に重層的で深いです。が、決して重くも堅苦しくもない、淡々とした時間が流れていきます。

それはまるで、電車から見える風景のように。仕事、母や妻と娘といった家族、夢、生と死、ふるさと、希望、そして人生。見る者の心にあるテーマが、この映画から見つかるはずです。

- スポンサードリンク -

中井貴一の演技がいい映画

細かな演技は若いころからしてた印象があるけど、えてして細かな演技は時に鼻につくもの。が、この映画の中井貴一の演技は実にさりげなく、母の病気や親友の死といった場面を顔の表情一つで演じています。
エリート社員の性格設定も彼の風貌と会っています。上司からは信頼され部下からは慕われ、同期の社員とも良好な交友関係がある誠実なエリート社員。

夢破れて運転手になった宮田の隣に座り、とうとうと自分の思いを語るシーンは引き込まれるものがありました。この映画には、三浦友和の息子である三浦貴大が宮田役で出ています。が、荒削りなところが目立ち演技も雑に感じました。まあ、他の演者が演技派ばかりでしたので仕方がないのですが......。

そうそう、アリtoキリギリスの石井さんも、いい脇役っぷりを発揮してました。こちらはキャラを持った強みですね。三浦貴大さんには、味のある不器用な役者になってほしいです。高倉健さんみたいな。

この映画がホームドラマである理由

母と息子。妻と夫。父と娘。この物語は、家族を軸に構成されています。だから、最後シーンはぐっと来ました。ラスト三分前まで、主人公と妻との間にわだかまりが残っていたからです。
わだかまりが解消されずに終わったら、とハラハラしながらエンディングを迎えたのですが......それにしても、この展開は監督の洒落っ気でしょうか。舞台が整いすぎです(笑

- スポンサードリンク -