二つのニッカ 余市と宮城峡

シングルモルトを飲むつもりが、前回間違って竹鶴ピュアモルトを飲んでしまった反省を踏まえて今回はニッカのシングルモルトウイスキーである「余市」と「宮城峡」のレビューしたいと思います。といっても、普段ウイスキーを飲んだことのない私ですから、過度な期待はしないでくださいね。

- スポンサードリンク -

蒸溜所ごとの味の違い

明確な味の違いはあるのですが、どちらもクセがないので気づかぬうちに杯を重ねていることがありました。気をつけましょう。

まず余市の0年から

余市の香りは竹鶴と違い、かすかに香るスモーキーな香り。口に含んでもピリピリとした刺激はありません。
特徴的なの はその後味で、ミントガムやハッカ飴をなめたようなスースーした舌触りを味わえます。水割りにすると飲みやすくなるのですが後味も弱くなるため、個人的に はストレートかトワイスアップで飲んでほしい一品です。個人的にはストレートを舐めるように飲むのが好みです。

次に宮城峡の0年です

宮城峡の香りは竹鶴と同じ甘い香り。飲んだ時の口当たりも竹鶴に近く、ピリピリとした舌への刺激が特徴です。ですが水割りにすると刺激は弱まり、まろやかさを感じることができます。なので、ストレートよりも水割りやソーダ割りで飲むことをおすすめします。

- スポンサードリンク -