身なりと言葉遣いと誠意と感謝の心

うさんくさい(信用できない)募金活動家の例

ここ一週間、街角に立つ東北地方太平洋沖地震の募金活動をする人を見て気がついた。本当に募金活動をしているのか、信用できない人々がいることに。

これから書くのは、独断と偏見に満ちた「うさんくさい東北地方太平洋沖地震募金活動」の見分け方です。

- スポンサードリンク -

にわか募金活動家を見抜く方法

  1. 声が小さい
  2. 身だしなみが悪い
  3. やる気がない・ダラダラした態度
  4. 家族総出である(子供放置)
  5. ぬいぐるみなどのファンシーグッズを抱えて立っている
  6. 何でも(お金ではなく物でも)かまわないと言う
  7. まとめ役のスタッフがいない

うさんくさいというか、にわか募金活動家を見抜く方法ですね、これは。なぜなら、本物の募金詐欺なら言葉遣いにも身だしなみにも気を使っているでしょうから、こんなボロは出しません。募金詐欺の事例を考えると、募金活動と言うのは一種の接客業なのかもしれませんね。

最後にネタをひとつ

悪乗りする人が必ず出てくると思うので......一言。

『全裸での募金活動は、胡散臭いとか以前に変態ですっ!』

- スポンサードリンク -