google adsense導入顛末記

投稿日:

グーグルで楽々アフィリエイト

サイトに来られた方はすでに気づかれたと思いますが、ティータイム☆ラウンジではgoogle adsense(以下グーグルアドセンスと表記)を導入しています。今回は、そこでのちょっと代わった体験を記事にしたいと思います。

グーグルアドセンスは簡単!

ご存知かもしれませんが、グーグルアドセンスは審査が厳しいことで有名です。
このサイトも最初の申し込みではコンテンツポリシー違反で審査を通ることができませんでした。ただの書評サイトなら問題視されることもなかったかもしれませんが、グーグルアドセンスを申し込んだ当時は記事中でニコニコ動画の投稿作品を紹介していたりして、ニコニコ動画にリンクが張ってあったのです。
李下に冠を正さず。

- スポンサードリンク -

グーグルの審査は世界一ィ~!

一週間後、思い当たる記事を削除して再びグーグルアドセンスに申し込みました。再審査は一度目の入力情報をそのまま使いまわすので、手がかかりません。待つこと丸一日。結果は審査不合格。初回と同じような断りメールが届きます。
正直思い当たることがなく、さすがに困ってしまいました。が、これを機会に手入れが行き届いていなかったサイトを細々と改善することにしました。

スピード審査! グーグルポリシー

そして一ヶ月後、再々グーグルアドセンスに申し込みました。
が、今度は申し込みメールを送ってから3時間とおかず門前払いメールが届きます。ちょっ、3時間って早くね? 本当にサイトを審査しているのか?
そう思った私は一つの方法を思いついたのです。

別アドレスからの挑戦

私が思いついた方法、それは別のグーグルアカウントで申し込むことでした。
たまたま以前、予備として作って放置されていたアカウントが一つあり、そのアカウントからグーグルアドセンスを申し込んでみることにしました。結果は一次審査通過。
喜びもそこそこにメールで指示された手順を済ませ、さらに一日。

二次審査通過のメールが届きました。
なんという事でしょう。待ち望んでいた審査合格のメールです。3時間たたずに失格の烙印を押されたサイトが同じグーグルによって認められたのです。
同じグーグルによって!
どゆこと?

最新の再審査なのか?

時間的には再々審査に落選してから別アドレスでの申請まで三日とたっていません。サイトもほとんど手を加えていないため審査に影響はなかったはずです。なのになぜ、落選したサイトが厳しいグーグルの審査に通ったのでしょうか?
......逆転ホームラーン!ここは発送の逆転が必要でしょう。

では、こう考えてください。なぜ、厳しいグーグルの審査を通るサイトが再々審査では落とされたのか、と。
分かりますか?
つまり、はなから審査を通す気がないんです。もしくは、おざなりに審査しているか。その二択でしょう。
まあ、私の勝手な推測ですけど、的外れではないんじゃないかな。

余談

男子三日会わざれば刮目して見よ、という慣用句もあります。サイトやサイトを取り巻く環境も3日あれば劇的に変わるのかもしれません。だから、再審査に落ちてもあきらめないでください。

- スポンサードリンク -