小説同人誌制作マニュアル 武内静夫 キルタイムコミュニケーション

小説同人誌制作のいろは

一度でいいから小説同人誌を作りたいと考えている読者に向け、判型とレイアウトから字間と行間、コピーとオフセット、同人誌の見せ方・売り方について優しく丁寧に解説した本。

文字モノの同人誌

前もって明かしますが、この本は2001年12月に出版され、2011年9月現在では絶版のため入手不可能に なっています。プレミア価格がついてもおかしくない、同人小説界では評判の高い本なのです。この本が出版された当時は、この手の詳細な解説本は少なかった のかもしれません。

幸いにも、今では小説同人誌の制作過程を解説した本も多く出版されていて、この本を無理して手に取る必要もなくなりまし た。しかし、こうして読む機会を得た以上本の内容についてレポートしたいと思います。余談ですが、僕はこの本を愛知県図書館で見つけました。恐るべし、愛 知県図書館。

- スポンサードリンク -

誰と、どんな同人誌を作るのか?

まず作成する同人誌を個人誌・合同誌・ゲスト本という目的別に三つに分類する。続いて製本の仕方によってオフセット本とコピー本の二つに分け、目的と発行部数、そして予算に合わせて製本方法を選ぶことを推奨している。

また、読みやすいレイアウトについても考察していて、基本サイズはA5サイズ、漫画との混載や団を組むなどの工夫次第でB5サイズの本を勧めています。

遊び紙を入れる際の注意点

レイアウトとフォントについては、天・地・ノド・小口の比率やフォントの種類やサイズ、行間や字間についての解説を、紙面を使って具体的な見本を用いているため、感覚としてではなく数値として理解できる点がすばらしい。
コピーとオフセットの章では、コピー本の製本方法(袋とじ・中綴じ・平綴じ)や製本手順・面つけの注意点について、詳細な図を用いて解説しています。

コピーによる製本を急場しのぎの方法と考えていましたが、創意工夫次第で色々と遊べることをこの本で知りました。手間はかかりますが、これも同人誌の楽しみ方の一つでしょう。写真とは、考えもつかなかったです。
本の後半では、オフセット印刷や印刷所の紹介、同人誌の見せ方・売り方について解説しています。

最後に注意点として、この本には具体的なソフトの操作方法は載っていません。イラストレーターやインデザインを使った本の作り方には、まったく触れていません。
そういう方には、文章系同人誌のための同人誌制作技術DTP&データ入稿編をおすすめします。

この本は、小説同人誌についてのアウトラインと製本方法を解説し、初めてでも思い通りに小説同人誌が作れるよう親切丁寧に手順を説いた本です。

- スポンサードリンク -