英国一家、日本を食べる マイケル・ブース(著)寺西のぶ子(訳) 亜紀書房

投稿日:

来た、見た、味わった

料理も出来るフードライターの著者が家族とともに約三ヶ月の間、日本の食文化について見聞きし味わったことを英国人の視点で語った本。

- スポンサードリンク -

日本食は盗んだ料理だ?

一般的な西欧人の例に漏れず、著者も日本食ひいては日本文化について断片的なことしか知らなかった。だからフランス料理における日本料理に影響について画一的な感想しか出てこない。日本料理に影響を受けたことは理解できても、日本料理の何に影響を受けたのかは判然としない。そんな彼を見かねて、料理学校からの悪友であるトシが一冊の本を突きつける。

その本は辻静雄の『ジャパニーズ・クッキング・ア・シンプル・アート』の英語版だった。
著者はその本に魅了され、日本食に強い関心を持つようになる。そしてその思いは、日本に短期滞在して日本食の真髄をぜひ自分の舌で味わう計画を立てるまでに至った。もちろん、仕事としてである。

日本料理の真髄を求めて

彼自身の思惑と家族の思惑も相まって、著者は約三ヶ月の間日本に滞在することとなった。
まずは東京に三週間。日本に馴れてきたところで北海道に飛び北の新鮮な魚介類に舌鼓を打つ。続いて、京都に約三週間滞在し関西地方の食を食べ歩く。それから、九州福岡の屋台でラーメンを満喫し、沖縄の取材を通して長寿と食生活について考察する。

日本漫遊の途中で、服部栄養専門学校に足を運んで服部幸應にインタビューしたり、辻静雄の息子で辻調理師専門学校の校長を務める辻芳樹と会食したりしている。
あとそれと、スマスマのスタジオ見学まで。......エミ、恐るべし。

日本食を味わう

この本では日本食を味わい尽くす英国人一家の道中が描写されている。
焼き鳥に始まって、ちゃんこ鍋、天ぷら、鯨のフルコース(西欧人である彼にとって鯨のフルコースはお気に召さなかったようだが)を東京で味わった後、北海道ではカニとラーメンを食べ歩き、昆布漁を見学。

京都では京懐石や流しそうめんを食べ歩き、伏見の酒蔵と味噌蔵を見学し、フナ寿司と豆腐料理で何ともいえないハプニングに見舞われる。大阪ではお好み焼きやたこ焼きといった大阪の庶民の味を堪能するところから始まり、串カツやうどんといった大阪のソウルフードを味わい尽くす。余談だが、彼は商人の街大阪で、意外な商売のヒントを発見する。メイド喫茶ではない何か。果たして彼は、イギリスに帰国後思いついた商売で金を稼げたのだろうか。

西欧と日本の食の歴史の違い

博多と沖縄の記述はとても少なく、全編の六分の一ほどなので過度の期待をしないこと。ただ、博多の屋台に驚き楽しむ一家の姿は実にほほえましいし、沖縄の料理と長寿について研究者から話を聞き出す著者の姿勢は理解できる。それと、神様の存在を信じていない彼の悩みには深く共感した。

ただ、一ついわせてもらえば、イギリス人に限らず白人は海藻を沢山食べない方がいい。この本には記述はないが、一般的に白人は海藻を食べる習慣がなかったため、日本人と比べると海藻の成分であるヨードに対して耐性がない。日本人と同じ量を食べると過剰摂取になってしまうらしい。肉食文化がなく、戦後成人病の数が急増した日本人と対照的な出来事だ。

廃れゆく日本食の文化

著者はこの日本食べ歩き漫遊記で日本食におけるダシの取り方がいかに重要か、四季折々の素材を生かす料理を日本人が好むのはなぜかを知った。また、庶民の味についても十分に味わった。
そして、日本食を担う料理人たちが日本食の真髄から目をそらしている現状を知る。昔ながらなの製法を守ろうとする酒屋や味噌倉の苦悩を知る。日本人の多くが、日本食より洋食を好んでいる現実を知る。より早く。より手軽に。より安く。そうして提供される食に日本料理の真髄はない。

平和の偉大さ

それでも、日本料理や日本食の未来は明るいと著者は感じている。出会った人が良かったのか、出会った料理が良かったのか。はたまたその両方か。心と懐に余裕を持った人々はやがて食に目が向くようになる。そう考えると、江戸時代って日本料理の源泉だし今現在ある様々な文化の源流になっている。平和は平穏を生み、平穏は文化を生むのだな、現在進行形で。

- スポンサードリンク -