ウイスキー&シングルモルト完全ガイド PAMPERO (編集) 池田書店

投稿日:

シングルモルトを愉しむを読んで物足りなく感じた、スコッチ以外のウイスキーと日本のウイスキーについて過不足なく解説した本。

少し前に紹介したシングルモルトを愉しむではスコッチウイスキーにばかり焦点が当たり、他の五大ウイスキー(アイリッシュ・アメリカン・カナディアン・ ジャパニーズ)の解説がおざなりだったのが不満でした。この本ではスコッチウイスキーばかりではなく、他のウイスキーにも焦点を当て実際の銘柄をカラーで 解説しています。

- スポンサードリンク -

ウイスキーカタログ ヤァ!ヤァ!ヤァ!

カタログの充実ぶりがこの本の特徴ですが、まず最初に紹介するのはシングルモルト・スコッチウイスキー。次いでブレンデッド・スコッチウイスキー&アイリッシュウイスキーの章に続きます。ちなみスコッチウイスキーとアイリッシュウイスキーだけで総ページ数の半分を占めるという圧倒的ラインナップ。残ったページでジャパニーズウイスキー、ボトラーズブランド、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ウイスキーの基礎知識について解説しているのですが、ジャパニーズウイスキーが先に紹介されているのが嬉しいですね。

人間の鼻ってすごいですね

テイスティングについて解説されているのもいい。グラスに注いで色を眺め、立ち上るアロマを嗅ぎ、口に含んで口当たりとボディを味わう。最後に飲み込んだ時のフィニッシュを喉で感じる。そして、加水して同じことを繰り返し香りや味の変化をみる。

味は比較的分かりやすいが香りについては分別が難しい。この本ではアロマホイールという表を用いてウイスキーの香りをモルティ・フルーティ・フローラル・ピーティ・ナッティ・フェインティ・ワイニー・ウッディの八つの要素に分けている。ウイスキーはこの八つの香りが組み合わさっているという訳だ。

ウイスキーはお好きでしょうか?

アロマだけでも正直訳分かりませんが、歯医者にいるようという表現には笑ってしまいました。
まあ御託はともかく、これからもウイスキーを楽しみたいと思います。

- スポンサードリンク -