大学生のための知的勉強術 松野 弘 講談社

インテリジェンスランドでハイブリッドなインテリジェンスを

大学院教授の著者が晴れて大学生となる少年少女たちに向け、大学でハイブリッドインテリジェンスを身につけるための知的勉強術について解説した本。

大学はインテリジェンスランドだと力説する著者。
なぜ、人生の上で「知る」という行為が大切なのかを初めに説きます。世の中は頭のいい人間に有利なルールで動いている。何時までも知ろうとしなければ、いつまでも騙され続け損をするだけだ、と。無知は人生の可能性を閉ざすとまで書いています。実に巧みな煽り文です。

4062880466
大学生のための知的勉強術 (講談社現代新書)

- スポンサードリンク -

知るという行為が人生を豊かにする

無知から脱するために必要な技術として「読む・知る・調べる・分析する・書く」を上げ、知的技術を向上させる場としての大学に注目します。自分に合った大学の探し方(大学教員の探し方や見分け方)から、大学での学び方、ゼミの選び方、プレゼンテーションの方法、論文の書き方など大学生活に必要な技術について広く解説している。ゼミでの討論を重視していることが、『全国の魅力ある「ゼミ・教授」の一覧』に紙面を割いていることからも分かります。

面白いと思ったのは、大学をインテリジェンスランドであると論じておきながら、大学以外での学び方も解説しているところです。大学に通わなくても学びの場は至る所にあり、本人の意思しだいでハイブリッドインテリジェンスを磨くことは出来る、と読者を叱咤します。

この本は、本人の真摯で継続的な努力があれば大学でも大学以外でも、ハイブリッドインテリジェンスを学び自分のものにする方法を解説した本です。

- スポンサードリンク -