優しい日本語 清ルミ 太陽出版

日本語をより深く知るために

多くの外国人と接し、日本語や日本文化について教える立場にあった著者が英語を通して、日本語ひいては日本文化について感じたことや考えたことを綴った本。

外国人から見た日本語

私たちは母国語である日本語を普段の生活の中で何不自由なく読み・書き・話している。しかし、日本語を学んでいる外国人に日本語について質問された時、まともな答えを返せるだろうか?
正直、私は自信がない。

4884695380
優しい日本語―英語にできない「おかげさま」のこころ

- スポンサードリンク -

日本語から知る日本人と世界

この本では、90カ国以上の外国人に日本語を教えてきた著者が、外国人が疑問に思う日本語について国際語である英語と比較しながら解説している。
英語にはない日本語独特のニュアンスや文化や風習に根ざした言葉が多く取り上げられていて、改めて日本語の奥深さや繊細さを思い知りました。

内容は目次から察してください

  • 第一章 思いやりの日本語
  • 第二章 感謝と謙譲の日本語
  • 第三章 繊細な日本語
  • 第四章 やっかいな日本語
  • 第五章 外国人泣かせの日本語

という訳にもいきませんので端的に解説します。

キーワードは『世間の目』と『思いやり』です。特に相手の気持ちになって考える「思いやり」という言葉は英語に訳すことが難しい、世界に例を見ない日本独特の言葉だそうです。

英訳することが難しい日本語が山のように紹介されてますが、逆に日本語に訳すことが難しい英語はあまり紹介されていません。まあ、コンセプトから当然ですが日本語に訳すことが難しい英語を知りたい人は、この本よりも英和類語辞典や英英辞典を引くべきでしょう。

日本語教師なら読んで損はない本

日本語を深く知るためだけではなく、英語などの外国語を勉強して通訳を目指している人にも役に立つ情報がたくさん解説されているので一読することをお勧めします。

にしても、日本語は気を抜くと主語が抜けてしまいますね(苦笑

- スポンサードリンク -