辞典アラカルト 2011年7月

執筆に役立ちそうな辞書・辞典

執筆に役立ちそうな辞書のファーストインプレッション集です。
個人的なことですが、辞書もパソコンで利用できるように電子版の販売を希望します。手軽に利用できるのであれば電子辞書でも可。できれば執筆しながら調べたいので、ジャストシステムさん、一つお願いします。

- スポンサードリンク -

辞書の引き方、覚えていますか?

自分も細かく辞書を引くタイプではありませんが、詰まったとき・迷ったときは辞書を引きます。その場合でも、紙の辞書を引く機会はまれですけど。

現代副詞用法辞典 東京堂出版

副詞(本書では述語を修飾できる語)から、擬音語・擬態語を除いた1041語の用語・用例・意味・イメージ・ニュアンス・類語との相違・関連語句を解説した本。
解説する語句を副詞に限っているため掲載されている情報は角川類語辞典より詳細で、4900円という価格的にも実用書というより学術書に近い内容に感じた。

4490103654
現代副詞用法辞典

てにをは辞典 三省堂

助詞「て・に・を・は」で結ばれる結合語(二つ以上の言葉が結びついて使われる語)約六十万語を文庫本から収集し、その語例を解説した本。3990円。
他の辞書にはない独特の記載を採用しているが、詳細な記号とルールの解説があるので読者の理解を助けてくれる。

丁寧にも本書の活用例として

  1. 言葉や表現を探す
  2. 忘れた言葉を思い出す
  3. 似た言葉を探す
  4. 言葉の使い方を確かめる
  5. 否定形か肯定形か
  6. 言葉の相性

などの手順を解説している。

4385136467
てにをは辞典

数え方の辞典 小学館

第一章では、名詞約4600語の助数詞の用語を解説する。助数詞は数える対象をどう捉えるかを映し出す鏡であり、日本の文化を端的に表すものである。コラム「数え方のポイント」を設けて、その助数詞の意味や由来・来歴・用法を解説している。

第二章では、助数詞や同じ働きをする名詞約600語について、意味と用法を解説する。ものの数え方には文化が大きな関わりを持つ。その関わりをコラムや成句という形で図表を用いて掲載し、楽しみながら学べるよう工夫されている。

また、一章二章を通じて五十音に掲載してあり、助数詞からも名詞からも目的の語が引けるように考慮されている点がすばらしい。2310円。価格の差はありますが、絵でみるモノの数え方辞典よりも解説が多いので僕はこちらをお勧めします。

4095052015
数え方の辞典

知っておきたい日本語コロケーション辞典 学習研究社

コロケーション(二つ以上の言葉が結びついた言葉)について慣用表現を含めた約四千語を収集し紹介している。巻末に逆引き辞典が付属する。2310円。
一つの項目を「キーワード」「コロケーション」「意味と使い方」の3列に表組みして掲載している。個人的には同類語辞典と用法用例辞典を足した印象。

前述した「てにをは辞典」より紹介している語句が少なく、用例も一般的な範囲にとどまっている。が、日常的な使用ならこの本で十分だろう。(一例として「贖う・あがなう」の項目は、てにをは辞典も日本コロケーション辞典も載っているが、「購う・あがなう」の項は、てにをは辞典のみ掲載)

4053021308
知っておきたい 日本語コロケーション辞典

- スポンサードリンク -