パチンコがアニメだらけになった理由(わけ) 安藤健二 洋泉社

投稿日:

ビジネスモデルの急変にさらされたパチンコ・アニメ両業界

パチンコがアニメだらけになった理由はパチンコ店の経営者にアニメオタクが多いから、という噂は本当か?
著者がパチンコ業界・アニメ業界を取材して、パチンコがアニメだらけになった理由を探っていく取材記。その取材過程で明らかになった両業界のビジネスモデルの詳細と問題点を解説していく。

パチンコはもはや一つのメディアである

パチンコがアニメだらけになった理由。それはパチンコ台メーカーとアニメ権利者の思惑が一致したためだ。パチンコ台メーカーはパチンコというメディアにマッチしたコンテンツが欲しかった。アニメ権利者側は安定した収入源が欲しかった。
結局、アニメ「エヴァンゲリオン」もパチンコというメディアに運良くマッチしたに過ぎない。もはやパチンコは遊ぶもの(ゲーム)から画面を眺めるもの(メディア)へと変化している。

4862485081
パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

- スポンサードリンク -

アニメは芸術である前に産業である

パチンコにマッチしたコンテンツであれば元アニメの知名度は低くてもかまわない。なぜなら、アニメは決して客寄せパンダにはならない。(逆にパチンコのCMがTVなどで流されることで、アニメDVDの売り上げが伸びることはある)パチンコのタイアップ先としてアニメが選ばれることが多い理由は、単純にビジネスの問題である。他のコンテンツと比べて安く手続きが簡単で、パチンコというメディア(ルーレット、リーチ、大当たり、確変など)の演出にうまく合致するからだ。

パチンコ産業とアニメ産業に共通するもの

このパチンコとアニメの関係は、京アニが制作するアニメとと原作との関係に似ていると思う。すなわち原作の知名度は二の次であり、むしろ自分たちができること・やりたいことと原作が合致していることの方が重要という考え方だ。

そして本の後半では、パチンコ産業とアニメ産業が抱えている共通の課題「収入の減少」について触れている。この収入の減少もパチンコがアニメだらけになった遠因だろう。リスクを避けた結果、既存のアニメをコンテンツとして利用するパチンコ台メーカー。イメージ悪化のリスクを知りつつも、制作費を回収するためにパチンコ台メーカーにライセンスを供与するアニメ権利者。

おそらく現状が続く限り、アニメがパチンコ台になる流れは変わらない。新たなビジネスモデルを構築し、収入の減少を食い止めなければ。そして、その見通しは立っていない。

何やってんだ、ゴンゾ。何やってんだ!

とてもよくできたリポートである。論文と言い換えてもいい。始めにテーマがあり、立てた仮説を取材によって検証していき、最後に結論としてまとめる。実に読み易く分かりやすい。......しかしまあ、よっぽど腹が立ったんでしょうねぇ。

- スポンサードリンク -