新板 雑兵たちの戦場 藤木久志 朝日新聞社

投稿日:

死ぬのは、飢餓が先か戦争が先か

日本の戦国時代は生きるか死ぬかの戦いの時代でした。それは大名や武士に限ったことではありません。今よりもずっと飢饉と疫病が猛威を振るった時代、生きることに必死だった人々の選択肢の一つが奴隷になることでした。

Kousyouさんのブログ「Kousyoublog」の書評『戦国時代の日常茶飯事「掠奪・奴隷狩り・人身売買」について』を読んで手に取った本。

生きることが戦いだった時代

この本では戦国時代に行われていた雑兵たちの人身売買について、多くの古文書を資料として検証していきます。

彼ら雑兵は今でいう傭兵です。彼らは戦争が起こると、どこからともなく集まってきて双方の陣に雇われます。雇われたといっても支払われる金は雀の涙ほどでしたし、陣地で配られる食事も常に不足していて激しい奪い合いが起きていました。人は食わなければ生きていけません。

では、雑兵たちはどうしたか?

- スポンサードリンク -

すべては生きるために

雑兵たちにとって自分たちの餓えを満たせる稼ぎの一つが戦場での人身売買でした。
彼らは戦場となった村や家に押し入っては他人の物を奪い、女や子供を強奪し男は大半を斬り殺しました。捕らえた女子供は戦場に同行している商人に二束三文で売っぱらい金に変えます。まとまった金を手にした彼らは商人から美味い飯や酒を買い、自分たちの欲求を満たすのです。

彼らにとってこれが日常であり戦場での常識でした。

出稼ぎ気分で掠奪

著者は多くの資料を引き合いに、戦場での人身売買が一国一地方に限ったことではなく、日本全国で行われていたことを丁寧に解説します。

人身売買や掠奪を目的とした軍事行動をおこした大名として上杉謙信の名前があげられていたことには驚きました。戦争は失業対策であり口減らしであり、そして他国からの掠奪を目的としていたものだったのです。当時の関東平野は越後平野と比べたら米の育ちもよく豊かでした。まあ、今とは米の品種も違いますしね。当然といえば当然です。

侍の国から来た奴隷船

人身売買や掠奪は国内だけにとどまりません。特に九州の港からはフィリピンなどの東南アジアに向けた船が沢山の奴隷を積んて出港していました。海賊が海沿いの村々を襲い掠奪をすることもあったようです。
また、大阪の陣が終わり戦場にあぶれた雑兵や侍たちが傭兵として海をわたることも多々あり、有名な人物としてタイのアユタヤの日本人街の代表だった山田長政が紹介されています。

人身売買、海を渡る

文禄の役・慶長の役も秀吉の妄想だけが理由じゃない可能性か。なるほどね。日本国内の戦場を朝鮮半島に移すことで秀吉は国内の平和を実現した、そういう見方もあるんですね。雑兵たちからすれば、戦場がなくなれば食い扶持を失うわけで、失業対策として国外での戦争が国内の大工事と合わせて必要だと秀吉は考えたのかも。

まあ、宗主国の明や攻め込まれる李氏朝鮮には大迷惑な話ですけど。

ただ、世界的にも国内を統一した国はその多くが外征をおこしていることも事実です。外征を起こさなかった国は、例外なく反乱がおきて内戦に突入するか多くの功臣を粛清するかの二択しかありません。

人身売買は緊急避難なのか?

この本で解説されているように、あまり取り沙汰されることはありませんが日本にも古くから人身売買はありました。もちろん、人身売買は世界中にありました。ほんの百年ほど前までは、奴隷がいなければ社会が成り立たなかったのです。その理由は一つ、石油や電気といった社会を支えるエネルギーが存在しなかったからでした。

石油や電気の代わりを人間が担っていたのです。

想像してください。現代の石油や電気の仕事量を人間が肩代わりしたとしたら、どれだけのマンパワーが必要か。安い労働力を求めた結果、行き着くのは奴隷による労働力でしょう。今の私達が石油や電気のない生活が考えられないように、当時の人々にとって奴隷のいない生活は考えられなかったのです。

傭兵と奴隷の共通点

しかし、著者はここで面白い視点を持ち出します。人身売買は緊急避難の一面があった、と。

どういうことかといえば、奴隷になることを強いられた人々は、奴隷になっていなかったらとっくの昔に死んでいた人々でした。戦場で、飢餓で、疫病で。様々な理由はありますが奴隷になった人々は自分で自分を養える境遇にありませんでした。だから、生きるためには奴隷になるしかなかった。
たとえ永らえた生が、生き地獄だったとしても、です。

この本はフィクサーとして戦国時代に強い影響力を持った雑兵たちの非人道的な生態と、雑兵が生きた時代の空気を教えてくれる本です。

余談

この本に記述にある「山あがり」を読んで、映画「雨月物語」で、山に逃れる主人公たちの姿を連想しました。が、城あがりのシーンをドラマで見たことありません。大河ドラマでも、曲輪に農民たちが避難している描写は覚えがないなぁ。

落ち武者狩りで着てるもの剥ぎ取られて殺される侍は見たことあるのに。
民衆って、こんなものです。

- スポンサードリンク -