ゼロから理解する水の基本 千賀裕太郎(監修) 誠文堂新光社

宇宙に浮かぶ水玉、地球

人々の生活に欠かせないどころか、地球上のすべての生命の源である「水」について、統計的、生理的、物理的、事業的、経済的、病理的、生活的、環境的な観点から解説した本。

水は貴重な地球資源

まず驚かされたのが、水資源の量です。地球上の水の約九十七%は海水であり、残りの淡水うち利用しやすい河川や湖沼の水の割合はコンマ01%でしかない。しかも日本の降水量は世界平均の2倍あるにもかかわらず、一人あたりの水資源賦存量は世界平均の半分以下という現実は思わず目を疑いました。

- スポンサードリンク -

高きから低きへ、水は方円の器にしたがう

十分な降水量があるにもかかわらず日本の一人あたりの水資源賦存量が少ないのは、それなりに理由があります。

一つは地形。ヨーロッパなどの大陸と比べて島国の日本は峻険な地形が多く、降った雨が川となって海に流れるサイクルが短いこと。もう一つは人口の多さ。東京など人口密度の高い場所では、どうしても一人あたりの水資源賦存量が少なくなってしまうのです。

苦労して運んだ水捨てる柳かな

一人あたりの水資源賦存量が多ければ水ストレスが必ずしも軽減される訳ではないようですが、やはり人が生きていく上で必要な分の水は確保したいもの。発展途上国の多くは水汲み労働が子供の仕事であり、水を汲むために一日何キロと歩かなければならない地域もある事実を忘れてはいけません。

また、今ある水の枯渇も近い将来の問題とされています。アメリカの穀物地帯をささえるオガララ帯水層では、今の井戸では水を汲み上げられないほど水位が下がっているうえ、地下水の水位が下がったことによる塩害が発生しているそうです。

世界の農地問題を省みるに、日本の田んぼの特異性が際立って見えます。まあ、高温多湿で降水量が多い日本ならではの農業なんですが。

水道代は高いか安いか

世界の水事情も問題ですが、やはり気になるのは日本の水事情でしょう。特に上水道。
水道管から水がもれる割合を漏水率というのですが、東京の漏水率はたったの3%(ロンドンの漏水率は約26%)と世界各国の水道関係者が席から腰を浮かすほどなのだそうです。

ちなみに日本国内の水道普及率は約97%、東京の水道管の総延長は約2万六千キロメートルあります。これは、水道代が高いと愚痴をこぼす前に水道事業関係者に感謝しなければなりませんね。

気をつけよう甘い言葉と甘い水

水道普及率が理由ではないと思いますが、日本はヨーロッパの企業などから水道事業の民営化を求められています。市場原理が働かないため、日本の水道事業には無駄が多いというのです。

しかし、水道事業を民営化すると売上とコストダウンを求められる訳で、良くなる可能性もあれば悪くなる可能性も同じだけあります。現に水道事業を民営化したところは公平な配水環境が崩れ、大半が以前より値上げしているそうです。

軟水とダシが合わさり最強の旨み成分に

老化と水が関係しているとか健康なら水太りや水を飲んでのむくみはありえないことなど面白い話はいくつもありましたが、やはり食と水との関係を語った第八章が楽しく読めました。

日本の水が軟水でなかったら、和食の基本である「ダシ」が存在しなかった可能性があることを初めて知りました。軟水だからこそ、カツオや昆布の旨みが溶け出すことが出来たのですね。

世界各国で今、日本のダシが最高の旨味成分として注目を集めていますが、フランスの硬水でカツオや昆布を煮出しても果たしてダシが取れるのでしょうか? それともダシを取るためだけに、わざわざ軟水を用意しているのでしょうか? そのあたり、知りたいです。

日本は意外にも水輸入国

水を輸入するといっても、目に見える水と目に見えない水があります。ミネラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターは目に見える水の代表です。では目に見えない水とは何を指すのでしょう?

飲むだけではない水の役割

日本は大量の農作物や畜産物を世界中から輸入していることは誰もが知っていると思います。しかし、これら農畜産物をを生産するにも大量の水が必要になってきます。つまり、日本は食料だけではなく生産国の水も消費・輸入しているのです。これが目に見えない水です。

これら目に見えない水のことを仮想水とこの本では呼んでいます。食料の生産で消費した水や食料品に含まれる水のことも考えると、日本は意外にも水の輸入国なのです。

小さなことからコツコツと

水の汚染というと工場からの排水が原因と考える人がいるかもしれませんが、それはもはや過去の話。二十一世紀の現在、水の汚染の約七割が一般家庭からの生活排水からという事実をどれだけの人が認知しているでしょう。

小さな力が集まって大きな力となるように、今や貴方の小さな汚染が大きな汚染の一助となってしてしまうのです。分母が大きいと個人に自覚がないのが問題だ。

えひめAIは良いえひめAI

この本では環境改善の一環として、えひめAIという環境浄化微生物資材を紹介しています。ぶっちゃければ、酵母・乳酸菌・納豆菌を原料とした微生物の力で環境を浄化する液体です。これを生ごみなどに吹きかけて使用することで、悪臭の原因である雑菌の繁殖を抑えることができるのだそうです。

酵母と乳酸菌は日本酒づくりに必要不可欠な菌であり、納豆菌は枯草菌の一種として熱に強い特性を持つ。......納豆菌について検索していたら、ミツカンのWiKiにたどり着いた。ミツカン、地味に凄いな。

水は自然の贈り物

とにかく、あつかう範囲が広大でありながらエセ科学を取り扱わない姿勢に好印象を持ちました。日本の高温多湿の環境は水稲栽培に最適な環境だったんですね。日本から稲作がなくなると、日本の環境自体が変わってしまうかもしれません。

欧米のように機械化できればいいんですけどねー。減反廃止=寄生地主制の復権があるのでしょうか。(ちなみにGHQが農地改革を行ったのは地主が軍国主義に加担したからだそうです。貧富の格差が理由ではなかったのですね)

会社が新たな地主となって社員に田畑で働かせる形式のほうが効率もいいし、人が集まって会社を興すのは自然の成り行きですから農業経営の会社化は今後加速していくのでしょう。

不思議な水の三態変化

身近な水から遠大な水まで解説したこの本は、水と人の関係について知りたいと考えている人に最適な本です。

- スポンサードリンク -