これからの思考の教科書 酒井穣 ビジネス社

縦糸と横糸が織りなす思考の文目

思考という行為を論理・直感・統合の三つの側面から分析し、ビジネスに限らず社会において有益な、斬新な着眼点・論理的な思考法・第三の解決策を習得する方法を解説した本。

ロジカル・ラテラル・インテグレーティブ(魔法少女風に)

この本は三部構成でできています。
第一部はロジカルシンキング(垂直思考)について考察します。ロジカルシンキングとは論点を元に事実から明確な理由(論拠)を引き出し、結論を論理的に導 き出す思考法のことです。ビジネスの場で有効な反論方法として知られる、クリティカルシンキング(批判的思考)についても解説します。

第二部はラテラルシンキング(水平思考)について考察します。ラテラルシンキングとは論点を再検討し、新しい論点を模索する発想法(ひらめき)のことです。第二部では数多くの発想法を紹介し、人と違った着眼点を持つためにもテーマを持って生きることの重要性を説きます。

第 三部はインテグレーティブシンキング(統合思考)について考察します。インテグレーティブシンキングとは二つの対立するアイディアを同時に検討し、二つの アイディアの長所を持ち合わせた第三のアイディアを生み出す思考法のことです。インテグレーティブの前段階としてサバイバルシンキングについても解説しま す。

- スポンサードリンク -

サバイバルシンキング=生存戦略思考

この本の肝は第三部のインテグレーティブシンキングでしょう。ロジカルシンキングやラテラルシンキングに自信がある人は第三部から読み始めてくださいと著者が明言しているほどです。著者はインテグレーティブシンキングについて、気づきから始まり言語化・関連づけを経て再定義に至る、ロジカルシンキングとラテラルシンキングを交互に繰り返す『学びのサイクル』との類似性を指摘します。

タイトルにふさわしい良書

独りよがりではない、読者の側に立った分かりやすい解説。多すぎない図表。たくさんの参考文献。各部の最後に置かれた独特のまとめ。これからの思考の教科書というタイトルに見合った読みやすく分かりやすいこの本は、ロジカルシンキング・ラテラルシンキング・インテグレーティブシンキングの入門書として万人にお勧めできる良書です。

特に巻末のコラムで曹操について書かれた文章は印象に残りました。曹操って魅力的ですよね。

- スポンサードリンク -