高校生のための経済学入門 小塩隆士 筑摩書房

高校生のための、なぜなに経済学!

家計(ミクロ)から国家財政(マクロ)まで、この世のあらゆる経済活動を研究対象とする経済学の基本を高校生や入門者に分かりやすく解説した本。

日本での経済学の地位は低い。一方で世間のお金への関心は高い。理論そのものより現実の経済問題の解決に経済学の考え方がどのように生かせるかという、実践的な面を重視してこの本は書かれた。
神の見えざる手とまで呼ばれた市場メカニズムの機能と限界、政府による市場介入の必要性、景気が良くなったり悪くなる理由、経済成長の要因、世の中をお金 が循環する仕組みなど、この本では国内の経済に限定して解説している。そのため、貿易収支、為替などの国際的な経済の仕組みを解説していない。

4480059369
高校生のための経済学入門 (ちくま新書)

- スポンサードリンク -

需要と供給が作る市場メカニズム

国際的な経済の仕組みを一切取り扱わないこの本の姿勢は非現実的と思わなくもないが、資本主義経済の基礎である需要と供給に基づく市場メカニズムを解説し尽くしていることは評価できる。ただし、この本はあくまで経済学の基本を教えるだけのもの、と著者がそう割り切るなら巻末に参考文献の形で次に読むべき本を載せるべきだが、この本にはそれがない。この点は画竜点睛を欠いている。

最終章では、著者の専門である社会保障について世代格差の解消と公平な改革の二つをキーワードに解説している。考え抜いた結果ではなく、目前の利益のみを考えた利己的判断で投票すべきではないとの主張は納得できる。まあ、政治に模範的な回答があれば有権者は選択に困らないのだが......。

さて、すぐに正誤が分からない問題を突きつけられても、あなたは目先の利益につられないと自信を持って言えますか? ちなみに僕は自信がありません。目先の利益につられてもいいじゃない、人間だもの。

- スポンサードリンク -