日本人よ! イビチャ・オシム(著)長束恭行(訳) 新潮社

サッカーの試合ではすべてが起こりうる...

日本のサッカーを日本化するつもりだと公言した、元サッカー日本代表監督の著者による人生にも通じるサッカー哲学書。
模倣はどこまでも模倣、日本にしかできないことがある、根も葉もない情報に惑わされないこと、ピッチ上の解決策はピッチ上にある、ピッチではコミュニケー ションが重要、コレクティブ(集団的・組織的)な戦い方、ディシプリン(規律)と自由、勇気を持ってリスクを取ること、犠牲は無駄にならない、批判は罰で はない......。

そのほかの印象的な言葉も、置き換えてみると実に含蓄がある言葉が多い。

4105055712
日本人よ!

- スポンサードリンク -

サッカーは人生の縮図である

この本の冒頭で著者は、人生で起こることはサッカーでも起こると断言する。まさしくその通りだと思う。ならば、サッカーについて確固たる信念と深い考察を元に書かれたこの本を、人生の羅針盤として役立てることはできないだろうか?

元サッカー日本代表監督の著者が繰り返す言葉に「考えて走れ」がある。サッカーは走るスポーツ。走るを人生に照らし合わせれば「前向きに生きる」だろうか。そして、考えて走れの「考えて」も一筋縄ではいかない。あらゆることに対して客観的に考えることを要求されるからだ。なぜ走るのか、どこへ走るのか、どう走るのか、だれと走るのか、誰をかわして走るのか......。

日本人でさえも日本のサッカーを分かってない

個人的に「コレクティブ」の話が良かったです。サッカーは集団競技であり自分勝手なプレーは許されない。一人がみんなのために、みんなが一人のために。集団の中で個人技を生かすことを考えよ。自分が良ければそれでいいという、日本の個人主義はサッカーのピッチ上では通用しないことが分かりました。

- スポンサードリンク -