お金をかけずに売り上げを上げる販促ネタ77 眞喜屋実行 ぱる出版

販売促進につながるヒントは、普段気づかないところにある

売り上げが上がらない。販促をしても費用ばかりかかって利益にはつながらない。そう悩んでいる店長や経営者に、普段見落としている、ちょっとしたことが売り上げにつながる販促のネタであることを解説した販促のヒント集。

この本は、あくまでサポート本であって指南本ではない。この本は、安易に値引きするのではなく頭をひねって売り上げを上げることを提案している。著者はこ の本の使い方として、六つの方法を提案している。著者はこの本に書かれていることをそのまま利用するのではなく、店に合わせてアレンジすることを勧めてい る。結果、この本はレファレンス的な使われ方をすると想定され、著者もその線にそった解説をしています。

4827205868
お金をかけずに売上を上げる[販促ネタ77]

- スポンサードリンク -

ヒントであって答えじゃない。だがそれがいい

効果的な販促方法は、時代や地理的条件、風俗や習慣によって変わる。季節ごとに変わるといっても過言ではないほどです。そのため、具体的な販促方法をを説いても、すぐに風化してしまいかねない。かといって抽象的ことを説いても、いま一つヒントにならない。ではどうしたらいいか?
その解決方法として、著者はネタごとに一つのシチュエーションを設定し、そこで店として何が出来るのか、客は何を望んでいるのかを客と店の立場に立って読者に考えるよう誘導したのです。

これが思った以上にツボでした。気になったネタをチェックしていったら、読み終えたときには本には八つのポストイットが。後日、この八つのページを開いていけば、販促につながるヒントが見つかる訳です。本にはもっと効果的な方法が書いてありましたが、個人的に本にアンダーラインを引いたりメモを取るのは嫌いなので却下しました。そういったことに抵抗がない方は、ガシガシこの本にメモを取ればいいと思います。そうすればこの本は、あなたにとってたった一冊の貴重な本になるでしょう。

この本は、店で販促活動をするさいに、販促のヒントとしてつかえるシチュエーションやお客の心理心情を分かりやすく記した本です。

- スポンサードリンク -